JMBサファイアステータスを取得!JALからの送付書類と特典を整理、JALグローバルクラブ(JGC)についても。

先日JALのFly on Pointが50,000を超え、念願のサファイアステータスを取得!早速JALから送付された書類とサファイア会員の特典を紹介ここでしたいと思う。

Fly On Point取得履歴

まずは私のFly On Point取得履歴から。

2019年は2月に台北、東京出張があり、4月には東京への帰省と福岡出張、さらに5月には大阪出張が続いた。基本的にKLから日本への出張や帰省はすべてJALのビジネスクラスかプレミアムエコノミークラスを選択。なので1回日本-KL間を往復するだけで10,800~12,700ものFly On Pointが獲得できる。プレミアムエコノミークラス以上は必ず利用すべきで、その理由は下の別記事を参照して欲しい。

KLからJAL上級会員を目指す

少し頑張ったのは、日本の福岡や大阪への出張は福岡ならAir Asiaの直行便、大阪ならマレーシア航空の直行便があるものの、しれーっと会社には東京経由でJAL便を使う出張申請をして通した事。これで東京-福岡、東京―大阪間の往復のFly On Pointも稼ぐ事ができた。さらにJALカード所有者向け毎年の初回搭乗ボーナスFly On Point 5,000を合わせ5月末に合計50,000 Fly On Pointを到達し、念願のサファイアステータスに!

実は、後述のJGC (JAL Global Club)に加入すると、サファイアステータスとダイアモンドステータスの間に設けられたプレミアステータスに80,000 Fly On Pointでなる事ができるので、次はこのプレミアステータスを目指し、残り24,287 Fly On Pointを貯めていく予定だ。6月後半と7月には既に香港出張と東京出張が入っているので、後は8月か9月ぐらいに一度長距離出張が入ればプレミアステータス達成が見えてくる。引き続き修行せずに気楽に出張、旅行を楽しんでステータスのグレードアップを目指したい。

JALからの送付物

サファイアステータス達成から一週間程すればJALから書類とサファイアステータスカードが送られてくる。私の場合は海外(KL)に住んでいるため、日本にある実家に送ってもらい、両親にさらにKLまで国際郵便で届けてもらった。なのでサファイアステータス達成から2週間後ぐらいに最終的にすべてのものがKLに到着。

日本語と英語両方でのサファイアステータスのご案内兼通知レター、そしてもちろんサファイアステータスカード!サファイアなのでサファイア色のカード。なかなか見栄えが良い。

そして、こちらのJGC (JALグローバルクラブ)の説明兼入会申込書とサファイア会員専用サービスの案内書も。JGCとサファイアステータスの特典については後述するが、これで様々な上級会員サービスを受ける事ができると思うと感慨深い。

JALサファイアステータスの特典

基本的に送付されて来たサファイアステータスのサービス案内書にすべて記載があるので写真を載せたい。

サービスは1S, 2S, 3Sの3種類に分けられている。1Sはステータス取得直後から利用可能なもの、2Sはステータスカードが届いてから利用可能なもの、そして3Sはステータス到達の翌年4月から利用可能なものになる。サファイアステータスのサービスに間しては3Sは確認したところ無かった。1Sと2Sもカードの郵送期間程度の時間差でしかないので共に事実上ステータス獲得後すぐに受けられるサービスと認識して良さそうだ。尚、サファイアステータスは到達年の翌々年3月末までが有効期限なので、私の場合は、2019年6月から2021年3月末までの約22か月間サファイアステータスが有効という事になる。早く到達できたので有効期間が長くて嬉しい。

改めて主要なサービス内容を整理すると以下の通りになる。

  1. JAL国際線ファストセキュリティレーンの利用(同行者1名OK)
  2. JAL国内線グローバルクラブエントランスの利用(同行者1名OK)
  3. JAL国際線アップブレードマイルバックキャンペーン
  4. お好きな一か月間JALグループ国内線Fly On Point 2倍キャンペーン
  5. 予約時の優先キャンセル待ち(ワンワールド航空便にも適用)
  6. 前方座席指定サービス(JALグループ便のみ)
  7. マイルUPボーナス(JALグループ、アメリカン、ブリティッシュエアウェイズ、イベリア航空便に適用)
  8. JAL及びワンワールド加盟航空のビジネスクラス空港ラウンジ利用(同行者1名OK)
  9. JALファーストクラス、ワンワールド加盟航空ビジネスクラスチェックインカウンターの利用(同行者1名OK)
  10. 受託手荷物無料許容量の優待(ワンワールド航空便にも適用)
  11. 空港での優先搭乗(ワンワールド航空便にも適用)
  12. プライオリティバッゲージサービス(ワンワールド航空便にも適用)
  13. 東京ディズニーシーのJALラウンジを2回利用可能

1~3、5~6、10~11に関しては自明なの説明を割愛する。個人的により嬉しい(インパクトが大きい)4、8、9、12について以下補足説明をしたいと思う。

4. お好きな一か月間JALグループ国内線Fly On Point 2倍キャンペーン
これはサファイアからさらに上級のプレミアステータス、ダイヤモンドステータスを狙う方にとっては嬉しいキャンペーンになる。事前にある特定の月に日本国内でJAL便に複数回乗る事が確定していれば、当該月をキャンペーン適用月にする事でFly On Pointが2倍溜まり、プレミア、ダイアモンドステータスへの近道になる。例えば東京-沖縄間を100%積算率のチケットで往復すると通常は1,968マイル × 2 (JAL国内便) = 3,936 Fly On Pointの獲得となるが、こちらのキャンペーンを使えば3,936 × 2 = 7,872 Fly On Pointの獲得になる。非常にお得だ。プレミア、ダイヤモンドステータスをサファイアステータス獲得年内に達成したい方は絶対このキャンペーンを使うべき

7. マイルUPボーナス
サファイアステータス期間中にJALグループ、アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズ、イベリア航空便に乗ると、それぞれ通常のマイルに加え、その105%、105%、100%、50%の追加マイルを獲得できるというものだ。例えばJALグループ便100%マイル積算率のチケットの場合、KL-東京間の往復は6,676マイルが通常だが、サファイアステータスならばその105%、つまり7,010マイルが追加で取得できるのだ。この場合、実質的にはKL-東京間の往復で13,686マイル取得出来る事になる。JAL国際線アップグレードマイル早見表の通り、東京-香港間の片道のエコノミークラスからビジネスクラスへアップグレードするのに必要なマイル数が12,000になるので、一度東京―KL間を往復するだけで、片道ではあるが、東京から香港に行く際にエコノミークラスからビジネスクラスにできてしまう。また、このマイル数をe JALポイントに換算すると10,000 × 1.5 + 3,686 = 18,686 e JALポイントとなる。これはJAL便チケット購入時に現金と同等に利用可能であるため、実質18,686円のキャッシュバックとなる。東京―KL間を一往復するだけで18,686円ものキャッシュバックがあるのは大変お得だ。

8. JAL及びワンワールド加盟航空のビジネスクラス空港ラウンジ利用(同行者1名OK)
これも大変嬉しい特典の一つだ。ポイントはワンワールド加盟航空のビジネスクラス空港ラウンジが同行者1名まで含めて可能である点だ。カップル、家族旅行の際は多いに喜ばれるだろう。しかもワンワールド加盟航空会社には世界中のナショナルフラッグであるマレーシア航空、カタール航空、カンタス航空、ブリティッシュエアウェイズ、アメリカン航空、キャセイパシフィック航空、等が含まれる。例えばKLから香港旅行に行く場合、KLの空港でマレーシア航空のビジネスクラスラウンジであるGolden Loungeが使え、香港ではキャセイパシフィックのビジネスクラスラウンジが使用できる事になる。JALが関係していなくともこのような多様なラウンジの使い方ができるのはとても魅力的だ。逆に言うと、JAL国際線のサクララウンジはプレミアムエコノミークラスでも実は利用可能だ。なので特別感は全く無い。むしろ、サクララウンジではなく、世界中の空港にほぼあるナショナルフラッグ航空の空港ラウンジを使用できる事の方が嬉しい。

9. JALファーストクラス、ワンワールド加盟航空ビジネスクラスチェックインカウンターの利用(同行者1名OK)
これも大変嬉しい。エコノミーのチェックインカウンターは往々にして待たされる事が多いが、ファーストクラス、ビジネスクラスのチェックインカウンターなら待つ事もほぼ無いだろう。これがJAL便だけではなく、ワンワールド加盟航空会社便で使用可能なのがまた良い。JAL便に至ってはファーストクラスチェックインカウンターが利用可能だ。時間短縮の他に、一時的ではあるが、ある種の優越感を味わう事ができそうだ。

12. プライオリティバッゲージサービス(ワンワールド航空便にも適用)
皆様も過去にプライオリティバッゲージサービスが無いがゆえに、目的地に着いてからバッゲージクレイムで何十分も荷物が出てくるのを待った経験があるのではないだろうか。プライオリティタグがついていれば優先的に出してくれるため、ほとんど待たないで預け入れ荷物を取ることができる。待つストレスが大幅に軽減され旅が一層快適になる事は間違いない。もちろんこれもJAL便のみならずワンワールド加盟航空便で利用可能だ。

このように、サファイアステータスの有無でここまでサービス、利便性に差がついてしまうという驚愕の事実がある。サファイアステータスの獲得は実はそれほど難しくは無く、巷で良く言われるような”修行”などしなくとも、国際的にビジネスに携わっている方なら通常の出張で使用する航空会社、座席クラスに少し工夫をするだけで十分達成可能である。ここまで致せり尽くせりのサファイアステータスの獲得のために、お勤めの会社を利用しない手は無い。

JALグローバルクラブ会員について

少しややこしいが、サファイアステータスと混同しがちなものがこのJALグローバルクラブ、通称JGC(JAL Global Club)だ。JALグローバルクラブは完全招待制、会員制のクラブになる。加入条件は以下の二つだ。JALグローバルクラブ入会資格も参照されたい。

  • サファイアステータスを保有している事
  • Club-Aカード以上のランクのJALカードを保有している事


いずれも必須条件なので一つが欠けてもだめだ。Club-Aカード以上のランクのJALカードはClub-A、Club-Aゴールド、JALダイナース、プラチナカードのいずれかを指す。このカード保有条件は難しくない。カードを申請して保有すれば良いだけである。より厳しい条件はサファイアステータスの獲得だろう。サファイアステータスを獲得すればJALから案内状が送付されJGCへ招待される。この時点でもしClub-Aカード以上のランクのJALカードを持っていなくてもその後に申し込めばいいだけである。

上記がJGCの案内書と特典の内容になる。主要な特典について改めて下記に整理すると以下の通りになる。

  1. JAL国際線ファストセキュリティレーンの利用(同行者1名OK)
  2. JAL国内線グローバルクラブエントランスの利用(同行者1名OK)
  3. JGC会員専用予約デスク
  4. 優先キャンセル待ち(ワンワールド航空便にも適用)
  5. 前方座席指定サービス(JALグループ便のみ)
  6. マイル35%UPボーナス( JAL、アメリカン、ブリティッシュエアウェイズ、イベリア航空便に適用)
  7. JAL及びワンワールド加盟航空のビジネスクラス空港ラウンジ利用(同行者1名OK)
  8. JALファーストクラス、ワンワールド加盟航空ビジネスクラスチェックインカウンターの利用(同行者1名OK)
  9. 受託手荷物無料許容量
  10. 空港での優先搭乗(ワンワールド航空便にも適用)
  11. プライオリティバッゲージサービス(JALグループ便のみ)
  12. ホテルニッコー、JALシティホテルでのアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、直営レストラン割引サービス
  13. Club-Aカード以上のランクのJALカードの年会費を払い続ける限り、JGC会員ステータスは半永久的に継続
  14. JGC家族会員の申し込みが可能

サファイアステータス特典とほとんど内容は変わらない。部分的に異なる点は、マイルアップボーナスがサファイアは105%もある一方、JGCは35%だけ(それでもボーナスなので大変助かる)である点とプライオリティバッゲージサービスがJGCだとJALグループ便に限られる程度だ。なのでJGC会員ステータスはほぼサファイアステータス同等と考えて差し支えない

しかしながら一番重要な点が上記13番と14番だ。サファイアステータスには期限がある。期限を過ぎれば再度Fly On Pointを50,000貯めてサファイアステータスを獲得する必要がある。一方、JGCに加入すれば、JALカードの年会費を払い続けている限りJGC会員ステータスは半永久的に継続する。つまり、JALカードの年会費を支払い続けさえいればサファイアステータスと同等のサービスを半永久的に受け続ける事ができるのだ。サファイアステータスの期限が過ぎ、その後は海外出張や海外旅行等で十分なFly On Pointを獲得できなくても、JGC会員でいる限りサファイアステータス同等のサービスが受けられるので心配は要らなくなる。大変お得な制度だ。

また、一番JGC家族会員の申し込みが可能なので、自分の妻や親をJGC会員にする事ができる。例えば妻をJGC会員にした場合、空港ラウンジ利用は自分+1 + 妻 + 1と合計4名が可能となる。4人家族全員が全く問題無くJGC会員サービスを享受できるのだ。これもまた大変嬉しい特典である。

以上を考慮すると、サファイアステータスの獲得は最終的には上記半永久継続のJGC会員になるために取得すると言っても過言ではないだろう。未獲得の方はこの記事を読んだ事を機に是非獲得を目指して欲しい。私はJGCプレミアステータスを目指して引き続きフライトを楽しみたい。次回のJAL上級会員ステータス記事はJGCプレミアについて整理したいと思う。

  • Kufong
  • 上海生まれ、日本育ち、米国留学、そしてマレーシア移住。妻と一人娘と一緒にクアラルンプールで仕事をしながら楽しく生活。資産運用、レストラン巡り、旅行、そしてマレーシアが大好き。金融工学修士修了、CFA (Chartered Financial Analyst)。