高配当利回りのマレーシア株式銘柄一覧!

マレーシアの株式は配当利回りが日本株式よりも高いものが多い。金利が日本と比べ3%ほど高く、国のGDP成長率も5%弱あるため、企業の収益成長率も高く、配当も高くなっている。ここでは、高配当銘柄の一覧を整理したい。個別銘柄の説明や考察に関しては今後銘柄ごとに一つずつ記事にしていきたい。

早速だがこちらの表がマレーシア高配当利回り株式銘柄になる。高配当利回りだけなら実はもっとあるが、上の表は以下の調整をおこなって抽出したものになる。

  • 配当利回り6%以上
  • 直近1年間の配当実績がある場合はその金額を利用、無い場合は直近の中間配当もしくは四半期配当額を年額換算した金額を利用。特殊事情による特別配当は考慮せず。また、自社株買い等の株主還元施策も反映せず
  • 税後当期利益がプラス
  • 株式時価総額が1億リンギ以上 (約26億円以上)

例えばNo 3はエアアジアでLCCとしてマレーシアは勿論、日本、インドネシア、タイ、インド等でも非常に有名でよく利用されている航空会社だ。また、No 9はマラヤンバンク(メイバンク)という銀行で、マレーシアで時価総額が一番高い会社で、マレーシア以外の東南アジアの国々にも進出している大変有名な銀行である。その他にもNo 10のAstro Malaysia、No 14のYTL Power、No 16のOriental Holdings、No 19のBerjaya Sports Toto等もマレーシアでは大変有名な企業である。

意外にもこのようなフィルタリングを行うと6%以上の配当利回りがある株式はたった19銘柄とそれほど多くは無い。今回は上記一覧表の紹介のみとするが、今後上記個別企業について一つずつ見ていく事にしたい。投資対象として面白いので是非検討してもらいたい。

  • Kufong
  • 上海生まれ、日本育ち、米国留学、そしてマレーシア移住。妻と一人娘と一緒にクアラルンプールで仕事をしながら楽しく生活。資産運用、レストラン巡り、旅行、そしてマレーシアが大好き。金融工学修士修了、CFA (Chartered Financial Analyst)。