鈴木飯店:日本人シェフの四川中華料理屋!

鈴木飯店外観

今回は開店間もない(2019年4月下旬)こちらの鈴木飯店を紹介! 開店間もないのに美味しくてもう4回も来てしまった。。。3回ランチ、1回ディナー。凄くおすすめなので是非足を運んでみて欲しい。
鈴木飯店公式ホームページ


では、まずは何で鈴木?というところから。この鈴木というのは当レストランのオーナーである鈴木一郎氏の名字である鈴木に由来する。鈴木一郎氏はなんと食品パッケージメーカーをマレーシアで立ち上げた方で、2014年にはマレーシア政府からDatukの称号を授与されたとても凄い方!さらにその父親、故鈴木一正氏は三井物産に勤められて、若かりし頃の現マハティール首相と共にビジネスをされており、後にマレーシア政府からTan SriというDatukよりもさらに上の民間人で最高位の称号を授与されたとか!

マレーシアの称号に関してはこちら:Datuk等のマレーシアでの称号について

いやはや頭が上がらないと同時に、このような先輩方が日本とマレーシアの信頼関係を構築し今に至っている事を心に刻み込んで日々このマレーシアの地で頑張らないと、という気になる。ちなみに鈴木商店というのもマレーシア各地で立ち上げており、日本酒の輸出入やレストランの経営等色々なビジネスをされている。
鈴木一郎氏の紹介記事

マハティール首相夫妻との写真

鈴木一郎氏はこの写真の一番右側の方。マハティール首相夫妻とも交流が深く、このようにレストランオープン時にご招待している。一番左はマスターシェフのTakemura氏。東京の四川飯店で修業されたそうな。

鈴木飯店内装

こちらは内装。クラシックで落ち着いた雰囲気。古き良き時代のマレーシアに渡った華人を思わせる。ランタンなどもあって幻想的でおしゃれ。

麻婆豆腐ランチセット

こちらはイチ押しの麻婆豆腐ランチセット。麻婆豆腐のspicyレベルを選べるが、very spicyが断然おすすめ。spicyは辛さではなくてスパイスの濃さ。四川料理なのでやはりvery spicyにしてスパイスの匂いや味を楽しむべき。辛過ぎることは無いので是非トライして欲しい!凄く美味しいし後味も上品!

青椒肉絲ランチセット
チキンカシューナッツ炒め

もちろんランチセットは麻婆豆腐定食のみならず、青椒肉絲定食やチキンカシューナッツ炒め、その他色々あるので是非ご賞味いただきたい。

続いてディナー料理の一部。

ピータン豆腐

これはAppetizerとしては最高。美味!

牛肉の料理(料理名忘れてしまった。。)

牛肉がもの凄く柔らかい。上品な味で病みつきになりそうだ。

四川風ワンタン

いままでこんなワンタンは食べたことなかった。四川風にアレンジしてあってスパイスが効いている。

何かの野菜炒め(料理名忘れてしまった。。)

これもおススメ。しっかり味がついていてご飯にもとても合うし食感が最高!

担々

四川中華料理屋だから担々麺もきっと美味しいに違いないと思ったものの、この担々麺だけがなぜか唯一残念ながらハズレだと思った。うーん、なかなか表現が難しいが、パンチがあまり効いていない感じだ。

胡麻団子

デザートの胡麻団子。カリカリの食感とアンコの絶妙な甘さが最高!

以上、色々写真載せたが、これらは私自身が実際に頼んだ料理だけだ。実際のメニューはもっとたくさんあるので今後も通って色々新しいものを試し、どんなお酒が置いてあるかもチェックしてみたいと思う。とにかくおすすめなのでKLに来られた際は是非足を運んでみて欲しい。

  • Kufong
  • 上海生まれ、日本育ち、米国留学、そしてマレーシア移住。妻と一人娘と一緒にクアラルンプールで仕事をしながら楽しく生活。資産運用、レストラン巡り、旅行、そしてマレーシアが大好き。金融工学修士修了、CFA (Chartered Financial Analyst)。