クアラルンプールでステーキならLas Carretas Mexican Restaurant !

今回紹介したいのはLas Carretas Mexican Restaurantアンパン店。クアラルンプールにある老舗メキシカンレストランだ。外観の写真を撮って無いので恐縮ながらGoogle Street Viewの写真を上に入れた。おすすめポイントは本当にたくさんあるが、特にステーキ!とにかく肉、ステーキを食べたい方は必ず訪れた方が良い。チャンカットにあるザ・ステーキハウスやその他KL中心部にあるステーキレストランよりも断然美味しい上に価格もリーズナブル。旅行ガイドブックやステーキという検索ワードでの表示レストラン等に惑わされないように。クアラルンプール一番のステーキは実はメキシカンレストランにあるのだ !

地図はこちら。KL中心部からAmpang通りを東に車で10分弱ほど行き、少し裏路地へ入った住宅街にある。少し分かりづらい場所なので注意が必要だ。過去にはGrabの運転手が間違えたりした事もあった。

店内はこんな感じ。自分で撮ったいい写真が無かったのでお店のWeb Pageの写真を利用させてもらった。左上にその際のイベントについての記載があるが、こちらの店では色々イベントもやっている。

テラス席もある。開放的でとても気持ちいい。こちらもお店のWeb Pageにある写真を利用させてもらった。2018年9月にあったワインテイスティングイベントのもの。定期的にワインイベントが開催されているので、ワイン好きの方は是非お店のWeb Pageでイベントスケジュールを確認して参加してみよう!私はこのお店のワイン会は未経験だが次回は参加する予定だ。

ここからはやっと自分の写真。まずはメキシコのカクテルと言えばマルガリータ!種類は色々あるが、特におすすめなのがスタンダードなフローズンマルガリータ。フローズンなのでアルコール度数の割にはぐいぐい飲めてしまう。ほんのり甘く後味すっきり、いい意味で危険なカクテル。

そしてこれがムール貝のスープ煮込み。スープがクリーミーでありながらハバネロのちょっとした辛さとガーリックの風味があり、ディップしてもそのまま飲んでも物凄く美味しい。勿論このスープで煮込んだムール貝はいわずもがな。訪れたら必ずオーダーする一品だ。

こちらのエビの料理名は忘れてしまったが、甘辛のソースの味付けでお酒がすすむすすめ。エビも大きくプリっとした食感が楽しめる。

そしてなんといってもこのオーストラリアビーフのショートリブ400gでたったの84リンギット(約2,200円)。他のステーキハウスなら2-3倍はするはずだ。焼き加減はお好み。写真はミディアムだが柔らかさは保たれていてとてもジューシー。 Charred-Beef Sauceというソースがついていて、これがまた美味。しっかりお肉にかけて頬張れば幸せの境地。さらに、フランスドフィーネ地域で親しまれているスタイルのクリーミーなポテトがついており、とろけるクリーミーな味で感動する。

このお店はkidsメニューもあるので、小さなお子様のいる家族でも問題無く楽しめる。上記の写真の他にもメニューはたくさんあるのでとにかく行ってみて欲しい。お肉はもちろんT-Boneや和牛もあるので是非試すべし。とにかくお肉が食べたければここで間違い無い!

  • Kufong
  • 上海生まれ、日本育ち、米国留学、そしてマレーシア移住。妻と一人娘と一緒にクアラルンプールで仕事をしながら楽しく生活。資産運用、レストラン巡り、旅行、そしてマレーシアが大好き。金融工学修士修了、CFA (Chartered Financial Analyst)。